バリアフリーの家づくり

高齢化社会現象が急速な勢いで進んでいる日本ですが、それに合わせて購入したマンションをバリアフリー化するリノベーションを行う方が増えています。 家族が要介護になったタイミングで、バリアフリー化している新築マンションを買うよりも、中古のマンションを購入してバリアフリー化した方が、 費用も安くなりますし介護する方の状況に合わせたオーダーメイドなバリアフリー住居にする事が出来ます。

中古マンションのリノベーションは、介護される方が気兼ねなく快適に暮らせることはもちろんの事、介護する方の負担を大幅に減らす事もできます。 特に一軒家ではなく一般的な中古マンションの場合には、部屋の中には階段がありませんので基本的に水平移動していますので、効率的にリノベーションを行う事ができれば、 介護される方と介護する方の両方にとってスムーズな生活動線を確保することができます。最初から介護する目的で作成するので、中古マンションというよりは、 個人の症状に合わせた注文住宅といった方がイメージが近いと言えます。

大がかりなリノベーションでなくほんの少しのリノベーションであっても介護する側も介護される側も負担は大きく変わる事も珍しくありません。 介護に疲れている方は購入を検討してみてください。